大人になっても身長を伸ばす方法

はてな

 

もう少し背が高かったらと考える方も少なくないでしょうが、成長期を過ぎてしまった大人では身長を伸ばすことはできないと諦めることも多いです。

 

実は成長期を過ぎた大人の身長が伸びなくなる理由は骨端線が閉じてしまうからで、一般的に男性では17〜19歳頃、女性15〜17歳頃までには骨端線が閉じてしまいます。

 

ただ、思春期の終わりが遅い場合には20代中頃まで骨端線が残っている人もいて、この場合なら大人になっても稀に身長を伸ばすことができる可能性はあります。また可能性は低いですが、成長ホルモンで身長を伸ばす方法にも挑戦してみる価値はあります。その為には、良質な睡眠・成長に必要な栄養素の摂取・ストレスを解消・適度な運動などを心がけて成長ホルモンを活性化することです。

 

しかし、これらは大人になっても身長を伸ばす方法としては、稀なケースへの期待になるのでなかなか実現は難しいです。そこで大人になっても身長を伸ばす方法として注目したいのは、体の歪みや姿勢の悪さによって失っている隠れ身長で、これを伸ばすことで約2〜3p身長を伸ばすことができると言われています。具体的には姿勢を正すことです。

 

実は、背中が丸まっている姿勢の猫背や腰が前に突き出ている姿勢の反り腰の人は、本当の身長よりも小さく見える可能性があるのです。正しい姿勢を意識して行うことで身長を伸ばすことができるのです。

 

もうひとつは体の歪みを解消することで、整体や整骨院での施術で体の歪みを改善すると身長が数p高くなることもあります。また、どうしても身長を伸ばしたい人のためには、身長を伸ばす整形手術も選択肢としてあります。

 

トップページはこちら