高校生女子が身長を伸ばす方法

思春期で身長が急に伸びる時期があって、この成長のピークは男子と女子で違いがあります。

 

女子の方が早く訪れて小学校高学年の10歳〜12歳に間に成長ホルモンの分泌が増加して急に背が伸びます。その頃は1年に6cm〜7cm程度身長が伸びて、中学生女子になることにはピークが過ぎるので、1年に2cm〜3cm程度しか身長は伸びません。

 

高校生女子になると大部分は成長期が過ぎているので、高校生女子の身長を伸ばすことはかなり難しいことです

 

しかし高校生女子であっても成長が完全に止まるわけではないので、努力次第では身長を伸ばす可能性はゼロではないのです。

 

また遺伝子の身長への影響は約25%なので、普段の努力によっては身長を伸ばすことができる可能性があるので、身長を伸ばすラストスパートの時期と考えて高校生女子が身長を伸ばす方法を実践すると良いです。

 

では高校生女子が身長を伸ばす方法は何なのかというと、成長ホルモンの分泌を妨げない生活習慣を心がけることです。身長を伸ばすために重要な役割を担うのが成長ホルモンなので、何といってもホルモンの分泌が身長を伸ばすためには必要なのです。

 

具体的にどのようにすれば良いのかというと、成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、十分な睡眠時間の確保と深く熟睡できる質の良い睡眠を心がけることです。

 

それから適切な運動をすることも成長ホルモンの分泌に関係してくるので、適度な運動をすることも必要です。また、たんぱく質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛など、身長を伸ばすために有効な栄養素をバランスよく摂取することも大事です。

 

トップページはこちら