女子が身長を伸ばす方法

こちら

 

身長が伸びないことが悩みになっている成長期の女子も少なくありませんが、それと同時に親の悩みになってしまうことも多いです。

 

それは身長が伸びない要因が遺伝の影響と考えている親が多いからです。しかし遺伝が影響するのは約25%程度で、親の身長が低いからと言って子供も低いとは限らないのです。

 

女子の場合は小学校高学年から中学生にかけて成長期のピークで、その時期に睡眠・栄養・運動などの生活習慣に気を配ることは女子が身長を伸ばす方法となります。

 

ただ女性は22歳まで身長が伸びる可能性があるといった説も存在しているで、成長期を過ぎても身長を伸ばすチャンスはあるとも考えられます。

 

身長を伸ばすために働きかけてくれる成長ホルモンは、睡眠中に活発になると言われているので、まずはしっかりと睡眠をとることが大切になります。

 

ただし、単にたくさん眠れば良いのではなく睡眠の質も重要で、成長ホルモンが最も活発になる深い眠りが大事なのです。

 

食事では、身長を伸ばすために必要となるタンパク質・カルシウム・亜鉛・マグネシウムといった栄養素をバランスよく摂取することです。

 

特に女の子は食事を菓子パン・お菓子・ファストフードなどで済ませる傾向にあるのでそれを改善することが大切です。運動は成長ホルモンを活発にすると共に、骨を成長させる骨端線を活発にして身長を伸ばすサポートをしてくれるのです。

 

特に全身を使う運動が良いとされていますが、筋肉の負荷が大きい運動は身長が伸びにくいと言われているので、それらの点を理解して運動をする必要があります。"